吾峠呼世晴の次回作・宇宙人SFラブコメ連載開始時期やタイトルを考察

吾峠呼世晴(ワニ先生)の自画像

今回は、コミック『鬼滅の刃』の作者としてあまりにも有名な漫画家である吾峠呼世晴さんに関する話題を取り上げていきたいと思います。

日本中に大旋風を巻き起こすことになった、コミック『鬼滅の刃』。

そんなコミック『鬼滅の刃』を手がけた吾峠呼世晴さんといえば、その次回作が注目されていたのでした。

それも、なんと、吾峠呼世晴さんの次回作は、宇宙人SFラブコメだといわれていたのです。

コミック『鬼滅の刃』もファンタジーだったものの、このようなSF色のあるラブコメとは斬新ですよね。

それでは、この吾峠呼世晴さんの次回作である宇宙人SFラブコメの連載開始時期やタイトルは、どうなっていたのか、調べてみました。

それでは、さっそく、ご覧ください。

【関連】

吾峠呼世晴のプロフィール

コミック『鬼滅の刃』で有名な吾峠呼世晴さんではありますが、そもそも、どういう人物だったのでしょうか。

吾峠呼世晴さんは、198955日、福岡県出身の33歳。

2013年、『過狩り狩り』によって、JUMPトレジャー新人漫画賞佳作を受賞して、漫画家としての活動を開始しました。

2014年には、『文殊史郎兄弟』が『少年ジャンプNEXT!!』に掲載され、商業誌デビューします。

その後、2016年から2020年まで、『鬼滅の刃』を『週刊少年ジャンプ』に連載。

2019年には、『吾峠呼世晴短編集』が刊行されました。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
無料で『吾峠呼世晴短編集』を試し読み【登録なしでOK】|コミックシーモア

この『吾峠呼世晴短編集』には『鬼滅の刃』の元となった作品『過狩り狩り』も含まれていて、コミックシーモアでは無料立ち読みで27ページも登録なしで読むことができます。

吾峠呼世晴の次回作は宇宙人SFラブコメ?

さて、そんな吾峠呼世晴さんですが、世間の関心事といえば、代表作であるコミック『鬼滅の刃』もさることながら、その次回作。

宇宙人SFラブコメ?といわれていたわけですが、どういうことだったのでしょうか?

吾峠呼世晴さんは、自身の次回作について、独特な構想を打ち出していました。

「読み終わった後に腹筋が8つに割れるようなSFラブコメ」が描きたいというのです。

どのような内容になるというのか、まったく予想すらできませんね。

しかし、吾峠呼世晴さんといえば、コミック『鬼滅の刃』も、SF的な要素を持たせていたうえに、ラブコメではないものの、コメディ要素もありました。

そのため、仮に、吾峠呼世晴さんの次回作が、本人の言及した通りのような作品になったとしても、実は、そこまで作品に対する違和感のようなものは覚えないかもしれません。

画風に関しても、『鬼滅の刃』での大正時代の印象が強いですが、その最終話では原題を生きる子孫たちの様子を描いていました。

舗装された道路や鉄筋コンクリート造の建物、アパートや洋服、携帯電話のような機器なども魅力的に描いていましたから、宇宙人ラブコメの絵柄も違和感は無いでしょう。

続いては、このような吾峠呼世晴さんの次回作である宇宙人SFラブコメについて、さらにくわしく迫っていきたいと思います。

吾峠呼世晴の次回作・宇宙人SFラブコメの連載開始時期は?

さて、吾峠呼世晴さんの次回作の宇宙人SFラブコメは、連載開始時期は、いつになっていたのでしょうか。

こちらは、残念ではありますが、具体的な時期については、判明しておりません。

吾峠呼世晴さんの代表作であるコミック『鬼滅の刃』が記念すべき最終回となってから、早いもので、実に、約2年もの歳月が経っています。

しかしながら、プロフィールをご覧になってもお分かりでしょうが、吾峠呼世晴さんはかなり寡作な漫画家なのでした。

そのため、一般の読者が拝見できるようになるのは、ある程度、先のことなのかもしれません。

期待値がきわめて高いだけに、一刻も早く、吾峠呼世晴さんの次回作の宇宙人SFラブコメの連載開始時期が明らかになればいいですね。

吾峠呼世晴の次回作・宇宙人SFラブコメのタイトルを考察

おしまいに、このような吾峠呼世晴さんの次回作の宇宙人SFラブコメのタイトルがどうなるのか、見ていきたいと思います。

こちらもヒントはありませんでしたので、あくまでも勝手な推測とならざるを得ません。

ちなみに、吾峠呼世晴さんは、コミック『吾峠呼世晴短編集』を刊行していたわけですが、こちらに収録されていた短編は、いずれも独特のネーミングなのでした。

「過狩り狩り」、「文殊史郎兄弟」、「肋骨さん」、「蠅庭のジグザグ」です。

したがって、次回作の宇宙人SFラブコメも、こういったタイトルになる可能性もあるでしょうね。

はたして、吾峠呼世晴さんは、自身の次回作の宇宙人SFラブコメに対して、どのようなタイトルをつけることになるというのでしょうか。

【関連】

ということで、今回、この記事では、コミック『鬼滅の刃』の作者である漫画家の吾峠呼世晴さんについて、ピックアップしてきました。

いまだに興奮が冷めやらない感じになっている、コミック『鬼滅の刃』。

それだけに、吾峠呼世晴さんの次回作が注目されるのは、いたって当然のことと言えます。

しかも、吾峠呼世晴さんの次回作が、宇宙人SFラブコメだとくれば、なおさらでしょう。

残念ながら、まだ、この吾峠呼世晴さんの次回作である宇宙人SFラブコメについて、連載開始時期やタイトルなど、くわしいことは明らかになっておりません。

とはいえ、稀代のヒットコミック・アニメ『鬼滅の刃』の作者であるだけに、吾峠呼世晴さんの次回作には、おおいに期待できるのではないでしょうか。

どのような作品になるというのか、今から楽しみで仕方がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)