中村逸郎教授の経歴学歴|ロシアに詳しい理由や評判を調査

ここ最近、中村逸郎教授という政治学者をテレビ番組などで目にする機会が増えてきました。

最近、中村逸郎教授が取り扱っている話題といえば、ロシアによるウクライナへの侵攻に関するもので、その理由とは、ずばり中村逸郎教授がロシアの専門家だったからです。

それでは、この中村逸郎教授とは、どういったプロフィールの持ち主だったというのでしょうか?

この記事では、中村逸郎教授の学歴も含めて、調べてみました。

また、中村逸郎教授がロシアに詳しい理由は何だったのかにも、追っていきたいと思います。

そして、中村逸郎教授の評判がどうなっていたのかも、見てまいりましょう。

それでは、さっそく、ご覧ください。

中村逸郎教授の経歴

中村逸郎教授は、1956年11月2日、島根県出身の65歳。

専門はロシア政治という政治学者です。

2000年には、島根県立大学総合政策学部助教授。

2001年には、筑波大学社会科学系助教授となり、2007年には、筑波大学人文社会系教授。

2012年には、筑波大学国際総合学類長になり、こちらは2014年まで務めました。

そのほか、東京大学教養学部後期課程非常勤講師も務めていたのです。

このように、中村逸郎教授は、想像以上にすばらしい学者としてのキャリアの持ち主だったわけでした。

ちなみに、中村逸郎教授がこれまでに出演してきたテレビ番組は、『ひるおび!』、『情報ライブ ミヤネ屋』、『ビートたけしのTVタックル』、『そこまで言って委員会NP』、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』、『新報道2001』、『ワイド!スクランブル』、『羽鳥慎一モーニングショー』、『ワイドナショー』、『報道ランナー』など。

そして、中村逸郎教授がこれまでに刊行してきた著書は、『東京発 モスクワ秘密文書』、『ロシア市民――体制転換を生きる』、『帝政民主主義国家ロシア――プーチンの時代』、『虚栄の帝国ロシア――闇に消える「黒い」外国人たち』、『ロシアはどこに行くのか――タンデム型デモクラシーの限界』、『ろくでなしのロシア―プーチンとロシア正教』、『シベリア最深紀行――知られざる大地への七つの旅』、『ロシアを決して信じるな』などとなっています。

ますますの活躍が見込まれることでしょう。

中村逸郎教授の学歴

このように、最近、もっぱら、ロシアによるウクライナへの侵攻についてテレビ番組で語っていた、中村逸郎教授。

政治学者ということですので、その学歴も気になりますが、こちらはどうなっていたのでしょうか…?

中村逸郎教授の出身校は、高校は島根県立大田高校、大学は学習院大学でした。

なお、大学は、学習院大学法学部政治学科卒業、学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学だったのです。

しかし、これには続きがありますので、次でご覧ください。

中村逸郎教授がロシアに詳しい理由

ロシアによるウクライナへの侵攻についてテレビ番組で連日、詳しく解説していた、中村逸郎教授。

それだけに、中村逸郎教授がロシアに詳しい理由についても、おおいに気になりますよね。

はたして、中村逸郎教授は、どうしてロシアに詳しいのでしょうか?

実は、学習院大学法学部政治学科卒業、学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学だった中村逸郎教授は、ソ連時代に、モスクワ国立大学、ソ連邦科学アカデミー国家と法研究所に留学していたのでした。

つまり、実際にロシアで生のロシアを学んでいたというわけですね。

これなら、あの説得力のある解説にも納得できるというものでしょう。

中村逸郎教授の評判

おしまいに、中村逸郎教授の政治学者としての評判についても、見てまいりましょう。

中村逸郎教授の評判として、よくみられたのは、話の内容が分かりやすいというものでした。

勤務先である筑波大学における講義も分かりやすいのではないかなどと評されていたのです。

どれだけ優秀であっても、うまく視聴者に伝えられなかったら、コメンテーターとしては厳しかったでしょうから、中村逸郎教授はテレビ出演向きの人材であるといえるのではないでしょうか。

また、政治学者としてのみではなく、人間的にも、中村逸郎教授は、人柄がおもしろいと評されていたのでした。

それだけでなく、声がハスキーでカッコいい、あるいは可愛いとの評判まで。

今後、中村逸郎教授が、ロシアによるウクライナへの侵攻以外の問題でも発言する機会が増えるのか否か、注目されることになりそうですね。

ということで、ここでは、中村逸郎教授について、その経歴、学歴、ロシアに詳しい理由、評判について、取り上げてきました。

中村逸郎教授は、さすが、テレビ番組に出ずっぱりなだけあって、経歴、学歴、ともにすばらしいもので、ロシアに詳しい理由、評判のほうも、納得のいくものでした。

今後も、そんな中村逸郎教授から目が離せなくなることでしょう。

それはさておき、とにもかくにも、ロシアによるウクライナへの侵攻が一日も早く終結し、ウクライナの平和が取り戻されることを願わずにはいられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)