山田杏奈の経歴|出演映画やドラマから写真集の感想まで

山田杏奈の画像

今回は、女優の山田杏奈さんについて、取り上げていきたいと思います。

映画にドラマと、さまざまなジャンルにおいて活躍してきた、山田杏奈さん。

そんな山田杏奈さんとは、はたして、どういったプロフィールの持ち主だったというのでしょうか。

この記事では、山田杏奈さんのこれまでを追っていきたいと思います。

また、これまでに山田杏奈さんが出演してきた映画やドラマの代表作についても、調べてみました。

そして、山田杏奈さんの写真集の感想もお届けしていきますので、こちらも見てまいりましょう。

それでは、さっそく、ご覧ください。

山田杏奈の経歴

山田杏奈さんは、200118日、埼玉県出身の21歳。

2011年に、ちゃおガール☆2011オーディションでグランプリになって、芸能界に入りました。

以後、ちゃおガールとして活躍。

2013年には、ドラマ『刑事のまなざし』に出演したことによって、女優デビューします。

2016年には、映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に出演したことによって、映画デビューしました。

2019年には、映画『小さな恋のうた』に出演したことによって、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞して、注目されています。

山田杏奈の出演映画

それでは、山田杏奈さんの出演してきた数々の映画の中から、特に印象深い『樹海村』について、ご紹介していきたいと思います。

『樹海村』は、20212月に公開されました。

山田杏奈さんと山口まゆさんのダブル主演です。

引きこもっていた天沢響は、姉の天沢鳴と、阿久津輝、片瀬美優の引越しの手伝いをすることになりました。

そんななか、天沢響は、謎の箱を見つけたのです。

謎の箱は、天沢鳴の彼氏の鷲尾真二郎の手にゆだねられることとなりました。

その後、天沢響は、樹海で消息を絶ったYouTuberのアキナのファンたちといっしょに樹海に向かうことに。

そして、鷲尾真二郎は、実家の寺が炎上してしまったのでした。

やがて、監視カメラの映像を確認してみたところ、おどろくべきことに、天沢響が謎の箱を持ち出して鷲尾真二郎の実家の寺に放火するようすが記録されていたのです。

山田杏奈の出演ドラマ

続いては、山田杏奈さんの出演してきた数々のドラマの中から、特に印象深い『荒ぶる季節の乙女どもよ。』について、ご紹介していきたいと思います。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、20209月から202010月に、毎日放送のドラマイズム枠で放送されました。

山田杏奈さんと玉城ティナさんのダブル主演です。

小野寺和紗は文学少女で、高校では文芸部に入部します。

しかし、扱われるのが自分の専門外のジャンルのため、困りますが、それ以上におどろいたのは部員たちが変わり者ばかりだったこと。

そんななか、文芸部では、本に性的な描写があったことから、この種の問題について意識が高まっていくことに。

そして小野寺和紗は、幼なじみの典元泉の微妙な場面に出くわしてしまうのでした。

しかも、文芸部は、性的な朗読をしてきたことへのクレームによって、廃部の危機が迫ってきてしまうのです。

結局、顧問の教諭をつければ廃部は免れることになったため、文芸部では、山岸知明を顧問にすることに決めました。

ところが、山岸知明は、いかがわしい趣味のある男性だったのです。

山田杏奈の写真集の感想

おしまいに、山田杏奈さんの写真集についても、見てまいりましょう。

これまでに、山田杏奈さんは、写真集を3冊発売していました。

1冊目の2019年発売の『PLANET NINE』。

2冊目の2021年発売の『私が撮りたかった写真展2021』。

そして3冊目の2021年発売の『BLUE』ですね。

これらのうち、特に評判がよかったのが、『PLANET NINE』でした。

PLANET NINE』は、2018年の夏にタイで撮影された写真集です。

清純さと女性としての魅力が詰まった一冊となっていました。

そんな『PLANET NINE』は、山田杏奈さんにとっては初挑戦である水着姿もあって、ファンからは好評になったのですね。

しかし、ただの水着写真集というわけではないのがすばらしいところ。

PLANET NINE』では、鉄道、水上マーケット、夜市といった、人気女優の写真集というイメージとはちょっと違うような独特の風景が展開されていたのでした。

これにも、異国情緒あふれる演出に評価は高まっています。

以上、今回は、山田杏奈さんの経歴、映画、ドラマ、写真集の感想について、特集してきました。

山田杏奈さんはすばらしいキャリアの女優であり、出演してきた映画やドラマも、実にバラエティーに富んでいたのですね。

一方で、かわいらしいヴィジュアルとは裏腹に、『ミスミソウ』、『屍人荘の殺人』、『樹海村』と、けっこうホラー映画への出演が相次いでいたことは、山田杏奈さんの活動において、注目すべきところなのではないかと思いました。

また、写真集『PLANET NINE』も、興味深いものであったと思います。

これから先も、このような山田杏奈さんの活動からますます目が離せなくなっていきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)